2021年01月14日

今年もよろしくお願いします


遅ればせながら、今年も当ブログをよろしくお願いします。

さっそくですが、どうでもいい話をひとつ。
何年か前から、髪にちらほら白髪が混じるようになりました。
白髪は順調に増えつつあるようです。それはいいのですが見つかった白髪は、なぜか100パーセント、根元から毛先まで真っ白なものばかりです。
考えてみると、少し不思議な気がします。
いま白髪になっている毛は、元々は黒かったはずです。
髪の毛は頭皮にある毛根という場所で作られ、外に押し出されるように伸びていきます。
つまり、これまで黒髪を生産していた毛根が、何らかの理由で黒い髪を生み出す機能を失ったときに、白髪になるのでしょう。
だとすれば、一本の髪の毛が白髪になるときは、まず根元に白い部分が現れ、少しずつ白い部分が長くなっていき、やがて一本まるごと白くなる、という経過を辿るはずです。
ところが私の頭髪に混じっている白髪は、どれも完成された白髪ばかりで、まだ一度も、毛先だけが黒くて途中から白い、という発展途上の白髪を見たことがありません。
なぜでしょうか。
あるいは単に私の観察力が不足しており、黒白二色の髪を見逃してきただけかもしれません。自分の観察力の無さはよく承知しているので、この説には強い説得力があります。
しかしながら、あらためて鏡に顔を近づけて調べてみても、やはり黒か白か一色だけの髪の毛しか見当たりません。
これはいったいどういうことなのか。
しばし考えた結果、以下の結論に至りました。
髪の毛は数年の寿命で生え替わるそうです。この切り替わりの時に白髪になるのです。寿命が来た黒髪が抜け、次に生えてくるのが白髪だとすれば、黒白ハイブリッドの毛が見当たらないことに説明がつきます。
……散々引っ張った挙げ句、ありきたりの結論で申し訳ない。
というわけで、この文章をブログに投稿したら、ネットを検索して答え合わせをしてみます。
果たして私の仮説は当たっているのか。
それとも私には想像もつかないメカニズムで白髪は生み出されているのか。
ちょっと楽しみです。
ではでは。

posted by 沢村浩輔 at 01:10| 備忘録とかメモ

2020年12月31日

2020年の大晦日


いやあ、諸々、参りました、今年は。
2021年は、状況が少しずつ良い方向に転がっていくことを願いつつ、やりたいことを続けていこう。

皆様の来年が、素敵な一年になりますように。

posted by 沢村浩輔 at 01:47| その他

2020年12月24日

『夜の床屋』韓国版が出ました


Finis africae という出版社から発売されました。
表紙はこんな感じです。日本版とはまた趣が違う、静謐な雰囲気です。



韓国の読者に、この小説はどんな風に映るのだろうか。
作者としては、楽しんで読んでもらえたらいいな、と願うのみです。

それにしても日本語や韓国語や中国語は、縦書きでも横書きでもOKな、実にフレキシブルな言語ですね。普段は意識せずに読んだり書いたりしていますが、時々そのことの凄さを実感します。

posted by 沢村浩輔 at 00:47| お知らせ