2018年10月24日

著書のPRページをつくりました。

ようやく涼しい季節となりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

いまさらですが紹介ページを作成しました。
単なるあらすじや要約ではなく、ちょっとしたエピソードも書いています。
タイトルをクリックしてご覧下さい。
「読んでみたいけど、どんな感じなのかな?」という方の参考になれば嬉しいです。


追記1) このブログやホームページ「抜け道だらけの迷宮」に掲載の表紙画像をクリックしてもご覧になれます。

追記2) 普通、こういうことはブログの開設時とか、新刊の発表に合わせて行うものですが、思い切りタイミングを外した今頃になって公開することになりました。
「遅くなっても、やらないよりはマシ」という格言もありますし……。なかなかいい格言です。

posted by 沢村浩輔 at 01:23| お知らせ

2018年10月04日

新作の準備、ぼちぼち進んでいます。

次回作は、書き下ろしの長編になる予定です。
初めて編集者から、こういう内容のものを、と依頼されて書きました。
「分かりました」と引き受けたにもかかわらず、求められていたもの以外の要素もあれこれとつけ加えてしまい、「やり過ぎたか。これはボツになるかも」と半ば覚悟していたら、OKになりました。
OKが出た途端、「ま、面白いんだから当然だな」と、たちまち調子に乗るのが(もちろん心の中で、ですが)私の未熟なところです。
手直しすべき箇所が色々とあり、刊行はまだしばらく先の話になりますが、出版をとりまく状況が厳しさを増す中で、新作を出す機会を得られたのはありがたいことです。
(ここまでを読み返すと、一行ごとにスタンスがぶれているように見えますが、単に強気と弱気のあいだで揺れているだけです)
さあ、気を取り直してガシガシ改稿していくぞ。
どうぞ、楽しみにお待ち下さい。

posted by 沢村浩輔 at 13:36| お知らせ

2018年09月13日

舞子海岸の夕景

神戸市の西端にある舞子からの眺めです。
対岸は淡路島。明石海峡大橋が架かっています。

明石海峡の画像


流れが速いことで知られるこの海峡を、私が生まれるずっと前に、母方の祖父が向こう岸まで泳ごうとしたらしい。(本当だろうか? 結構な距離だけど)
若き日の祖父が海面を颯爽と泳いでいく姿を想像すると、「無謀」「蛮勇」という言葉が頭に浮かび、それじゃあんまりか、と反省して、もう少し穏当な「軒昂」「度胸」あたりに訂正する。
想像の中の祖父が無事に淡路島に到達するのを見届け(?)、ほっとした瞬間に、久しぶりにたこ焼きが食べたくなった。
明石といえば蛸、からの連想に違いない。

熱々のたこ焼きにふりかけた鰹節がゆらゆら、となる情景を思いながら帰途につきました。

posted by 沢村浩輔 at 00:14| 備忘録とかメモ