2019年03月21日

今日も花粉日和。


毎年これほど大量の杉花粉が大気に放たれるのだから、日本列島の隅々まで杉に埋め尽くされてしまってもよさそうなのに、そうならない不思議について誰か説明してほしい。

あと何千年(いや、何万年だったかな)か経てば人類は進化して花粉アレルギーを克服するだろうという話を聞いた。生まれるのが数千年早すぎた。少し本気でそう思う。

この季節だけは雨が降るとほっとする。もし清少納言が現代に生きていれば、そして彼女が花粉症だったら、『枕草子』の最初の一文は「春は雨」になったかもしれない。……ならなくて良かった。

posted by 沢村浩輔 at 01:00| 備忘録とかメモ