2019年06月30日

『本の旅人 7月号』(角川書店)に書評が載りました。




「今月の新刊から」に、大矢博子さんが、『時喰監獄』の書評を書いて下さいました。
思わず読んでみたくなる、熱く素敵な書評です。『本の旅人』を書店で見かけたら、ぜひ、手に取ってみてください。


『本の旅人』誌は今月号で休刊になるそうです。
少し寂しいですが、表紙からは旅の終わりというよりも、新たな旅立ちという趣が感じられます。
旅人氏は、出航しつつある旅客船にすでに乗り込んでいて、こちらに向かって手を振っているのかも。
次の目的地はどこなんだろう。わくわくするような旅になることを祈ります。

posted by 沢村浩輔 at 21:50| お知らせ