2019年10月30日

『戦争獣戦争』



山田正紀さんから頂きました。(出版社から『謹呈 著者』と記された栞が挟まれて送られて来たのですが、本当なのだろうか? 私は今もまだちょっと信じられない気分です)
オビの文面を眺めるだけでわくわくします。
これは絶対、私の好きなタイプの物語だ。

裏表紙のオビより一部抜粋します。

 “文明や社会が破壊される際に増大するエントロピーを喰らう〈戦争獣〉、生態系ならぬ〈死態系〉に属し永遠の闘争に身を投じる異人たち、彼らの特殊な能力の源である〈刺青獣〉……”

私は〈死態系〉という言葉にしびれました。どうやったらこんな概念を考えつくんだろう。楽しみに拝読させて頂きます。

posted by 沢村浩輔 at 02:06| お知らせ