2020年12月16日

師走ですね

今年は旅行に行く機会もなく、
車の走行距離も去年よりずいぶん少ない。
それも仕方ないよなあ、と考えていて、昔買った『雨の日は車を磨いて』と『外車十二景』の二冊を思い出した。
たしか大学の生協で購入したのではなかったか。
自分の車が欲しいなと思っていた頃で、しかし買うお金もなく、だからタイトル買いしたのだった。
内容はほとんど忘れているが、どちらもとても面白かった記憶がある。
家のどこかにあるはずなので、探して久々に読んでみたい。

posted by 沢村浩輔 at 12:37| 備忘録とかメモ

2020年11月16日

私のカメラには愛嬌がある


 私が使っている一眼レフカメラは、良くも悪くも個性的である。
 もう一台、ミラーレスカメラも持っているが、こちらはそつのない優等生だ。小さくて軽いし、ホワイトバランスが概ね正確で、少し派手めの色合いだけど、ひと手間かければ落ち着いた感じの写真も撮れるから別に文句はない。
 問題は一眼レフの方だ。どうやってもホワイトバランスが合わないときがある。私はそれほど厳密な再現性を求めておらず、色味が少しくらい実際と異なっていても構わないのだが、ときおり看過できない風狂な色を出してくる。
「君の目にはそんな風に見えているのか?」と呟きたくなる。
 オートフォーカスも然り。画面の中央でピントが合うように設定してあるのに、ちょくちょく摩訶不思議な箇所に合焦する。
「ひとつ訊いてもいいかな。なぜそこにピントを合わせようと思った?」と腹が立つよりも感心しそうになる。
 とまあ、言いたいことは色々あるのだが、それらの欠点が愛嬌に思えてしまうのは、我ながらお人好しである。その彼が最近めでたく故障した。エントリー機種だし、とっくに保証期間も切れているというのに、修理する方向で検討している。

posted by 沢村浩輔 at 17:39| 備忘録とかメモ