2019年08月21日

時間の不思議さ。


『時喰監獄』のストーリー展開上、時間が重要な役割を担います。
きっと、そうなるだろうな、と危惧していた通り、小説を書きながら、「だけど、時間って何だろう?」と、考えても詮ないことを何度も考えてしまいました。
ささいなことに気を取られて、キーをたたく手が止まるのが、私の悪いくせです。特に集中力が落ちてきた頃が要注意です。
当然、いくら考えたって答えが出るはずもなく、締め切り前の貴重な時間を浪費しただけでしたが、いつか思い返すときのために、ブログの備忘録に放り込んでおきます。
ひとさまの目に触れる文章ですが、論旨を整えて格好つけるのも何なので、まとまりのないまま、だらだらと書いてしまいます。

宇宙がビッグバンによって始まった、という説は、現在では定説となったようですが、私が子供の頃はまだ、いくつもある仮説のひとつだった記憶があります。
当時を振り返って不満に思うのは、ビッグバンという大爆発で宇宙が一瞬のうちに誕生した、という度肝を抜くような理論を、へえ、そうなんだ、と適当に納得してしまった少年時代の私の態度です。途轍もない話だぞ。もうちょっと驚けよ。驚きが多い方が人生面白いじゃないか。
そのビッグバン仮説によると、「時間」は宇宙の誕生と同時にできたとか。時間って「できる」ものなんだ、とちょっと茫然となります。
爆発についても同様で、一般に爆発というのは、何かが壊れる現象です。ダイナマイトでビルを解体するとか、電子レンジの中にゆで卵を入れてチンするとか、大抵の場合、爆発は我々に破壊をもたらします。にもかかわらず、この世界は「爆発によって生まれた」というのです。いったい、どうなってるんでしょうか。
ときどき、時間とは我々の頭の中にだけ存在している概念であって、本当はそんなものは存在しないのではないか、と思うことがあります。
人間以外の動物は時間など気にしないが、実は彼らの方が正しいのではないか。未来や過去はもちろん、この瞬間の、何時何分何秒という時間さえ、想像の産物に過ぎないのではないか。
だとすると「時間」はビッグバンではなく、人間が創造したことになります。車輪や貨幣や数学をも超える、人類最大の発明なのかもしれません。

posted by 沢村浩輔 at 22:07| 備忘録とかメモ

2019年08月19日

作者敬白


『時喰監獄』が発売されてもうすぐ三週間です(早いなあ)。
お買い求め下さった方、お読み下さった方に、心からお礼を申し上げます。
まだまだ好評発売中(のはず)ですので、引き続きよろしくお願いします。

七月後半から八月上旬にかけて、我が家の近所では、朝の五時頃に蝉が鳴き出して、連日、夜明け前から夏真っ盛り状態でしたが、いつのまにか蝉たちの「朝練」がなくなっていました。
暑い日が続きますが、少しずつ秋は近づいているようです。

posted by 沢村浩輔 at 16:53| お知らせ

2019年07月29日

『太陽の帝国』 J・G・バラード




東京創元社さんより頂きました。
格好いい表紙です。
出版社のサイトはこちら。http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488629182


読んでいない作品も多いので、ファンとは言いませんが、バラードの小説には、なぜかくせになる独特の暗さと、その暗さの中に微かな希望があって(ない場合もあるけど、それはそれで)けっこう好きです。

初めて読んだバラード作品は『結晶世界』です。うだるような日射しの熱帯地方で人知れず進行する、世界の結晶化という冷酷な現象を、仄かに暗い文章で味わうのは、なかなか心地よかったのを憶えています。

それから『沈んだ世界』。〈海に沈んだ未来世界〉を描いた創作物に昔から惹かれます。その源流のひとつが『沈んだ世界』でしょう。イメージの原風景であり、未来の話なのにどこか懐かしい。記憶では、夏が似合う物語です。

posted by 沢村浩輔 at 23:58| お知らせ